子供とタブレット

暮らし

【dTV】小学生が楽しめるアニメ一挙紹介!年齢判定機能の設定方法

2021年4月18日

dTVには「小学生でも楽しめるような作品がある?」や「年齢制限の設定はできる?」についてなどを子供達と一緒にレビューします。

dTVの無料お試し登録をした我が家ですが、我が家には7歳と11歳の小学生の子供がいます。

我が家の子ども達は動画はYoutubeを愛用しています。

普段は、ゲームの解説をみたり、ミュージックビデオをみたりして楽しんでいます。

そんな小学生の子供達とdTVを早速みていきたいと思います!

dTVを小学生のお子様と楽しみたいという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

dTVのアニメ作品の情報

猫のフィギュア

まず、アニメ作品についてですが、結論から言うと「人気作や話題作が多く、小学生でも楽しめそう」です!

dTVのアニメ作品については、作品数が多いというよりは、人気の作品や話題の作品が豊富なように感じました。

それでも、「NEW」のマークがついたアニメも多くみられ、随時配信の追加がされているようなので作品数も増えていきそうで、期待が持てますね!

劇場版の名探偵コナンにも、このマークがついていて映画公開に伴って、23作品が見放題で配信されてました!

また、見逃し配信もあるので、テレビで見逃してしまった回や気になった回があるアニメをいつでも何度でも楽しめます!

どの作品が多く観られているかのランキングでは、1〜10位中の7作品がアニメだったのでdTVでアニメがよく観られているのがよく分かります!

実際にどんな作品があるのかあげてみますね。

dTVのジャンルの中に「アニメ」と「キッズ」のカテゴリーがあります。

そのカテゴリーごとに、どんなアニメがあるのかみていきますね。

「アニメ」

映画

・劇場版コナン
・こちら葛飾区亀有公園前派出所(映画)
・劇場版機動戦士ガンダム
・劇場版ハイキュー
・映画妖怪ウォッチ
・映画プリキュア
・劇場版きかんしゃトーマス
・映画かいけつゾロリ
・モンスターホテル
・ペット・KING OF PRISM
・ミニオンズ
・SING など(順不同)

TVアニメ

・呪術廻戦
・新あたしンち
・鬼滅の刃
・ポケットモンスター
・進撃の巨人
・ドラゴンクエスト ダイの大冒険
・フールツバスエット
・キングダム
・おしりたんてい
・妖怪ウォッチ
・ブラッククローバー
・クレヨンしんちゃん
・僕のヒーローアカデミー
・幽☆遊☆白書
・黒子のバスケ
・BORUTO-ボルト-NARUTO NEXT GENERATIONS
・おそ松さん
・SHAMAN KING
・転生したらスライムだった件 転スラ日記
・東京リベンジャーズ
・僕のヒーローアカデミー
・犬夜叉
・ルパン三世
・銀魂
・FAIRY TAILなど(順不同)

「アニメ」のカテゴリーには、小学低学年から楽しめるものもありますが、主が中学年〜高学年向けの作品です。

ジャンプ系の作品が多いように感じます!

鬼滅の刃、呪術廻戦など、最近の話題作品ですね!我が家の11歳の子も呪術廻戦は、学校で話題になっていて気になっている作品のようです!

次にキッズのカテゴリーをみていきますね。

「キッズ」

・アンパンマン
・おかあさんといっしょ
・ハローキティといっしょ
・いないいないばぁっ!
・特撮ヒーローの戦隊もの
・のりものシリーズ
・どうぶつシリーズ
・シュレック
・おジャ魔女どれみ
・セーラームーン
・おさるのジョージ
・トムとジェリーなど(順不同)

「キッズ」のカテゴリーは幼児向け〜小学低学年向けの作品が多いです。

作品を探す時には、それぞれの学年向けの作品が多いカテゴリーで探すと良さそうですね。

また、dTV オリジナル作品のキッズ向けもあり、全部で8作品あります。

全て5分以下の作品で、脱力系のお笑い要素があるものや、「よみきかせ にほんむかしばなし」といった日本の昔話を読み聞かせしてくれる番組もあります。

我が家の7歳の子は、dTVオリジナル作品の中の「やわらかめ」が気に入ったようです!ゆるいほんわかした絵とビシッとツッコミを入れる亀のギャップが面白いようです!

dTVの年齢制限の情報

小学生が鑑賞するということで、気になるのが年齢制限です。

調べてみると、dTVでは「年齢判定機能」というものがあるようです。

青少年の保護を目的として、dTVで配信されているR指定作品(作品名に[R15+]と書いてある作品)をご視聴いただく際に、お客様の契約情報から、お客様が「15歳未満もしくは以上」の情報を取得する機能です。       dTV ヘルプサイトより引用

この設定をすると14歳以下だと「R15+」の作品が選べなくなるものです。

15歳を基準に年齢判定をしているようです。

そこで、じゃあ「PG12」はどうなるの?

実際に、子供達と一緒にアニメの検索をしている時に、検索したアニメの一覧の中に「PG12」のアニメがあったけれど、12歳以下の小学生はこの作品はみれないの?と疑問になりました。

年齢制限

PG1212歳未満の年少者は保護者の助言・指導が必要となる

R15+→15歳以上が鑑賞できる

R18+→18歳以上が鑑賞できる

年齢制限が、以上のような規定となっている為「PG12」と書かれていても、保護者の助言・指導のもと鑑賞ができるということになりますね!

また、dTVはR18+の番組は配信されていない為、年齢判定機能も「15歳」を基準にしているようです。

dTVの年齢制限の表示で注意したいのが、「年齢判定機能」を設定していない場合は、作品を選び、内容が表示されている箇所で年齢制限がかかっているかどうかが分かります。

年齢制限があるかどうかは、作品を選ぶ前では把握できないのです。

「年齢判定機能」の設定方法

年齢判定機能の設定の方法については、ドコモのユーザーかどうかで設定方法が違います。

あくまでも、「dアカウント登録者」の年齢に応じての機能となっているようです。

なので、親のdアカウントに子供の生年月日を入力するということはできずに、子供のアカウントを作り、そこで「生年月日の登録をするのかどうか」「年齢判定機能を使うかどうか」の設定ということになります。

以上をご確認した上で設定を行ってください。

では、「年齢判定機能」の手順をユーザー別にご説明します。

ドコモユーザー(ドコモの回線を契約済)

【生年月日の変更方法】

  1. dアカウントのサイトにアクセスする
  2. 「アカウント管理へ」を選び、dアカウントでログインをする
  3. 「会員情報の確認・変更」から、生年月日の情報を登録する

【年齢判定機能の反映方法】⚠︎反映に4日間かかる

  1. dメニュー公式サイトにアクセスする
  2. 画面の下の方に表示されている「迷惑メール・パスワード・dアカウントなど 各種サービス設定」をタップする
  3. 「あんしん・安全」の項目内にある「年齢判定機能の設定」を選ぶ
  4. 「設定を確認・変更する」をタップする
  5. 「dアカウントとパスワード」の入力、または「ネットワーク暗証番号」の入力をする
  6. dTVの項目「通知する」選び「次へ」をタップする
  7. 「設定反映」をタップする

ドコモの回線を契約していない方

  1. dアカウントのサイトにアクセスする
  2. 画面右上にある「アカウント管理へ」をタップする
  3. dアカウントでログインをする
  4. 「会員情報の確認・変更」から、生年月日の情報を登録する

関連記事:【ドコモの年齢判定機能】変更ができずにチャットとお客様サポートに電話した時の対応と結果

31日間無料のお試し登録に関してはこちらをどうぞ!↓
【無料お試し31日間】dTVの簡単すぎる登録方法と知っておきたい注意点5つ

まとめ

dTVのアニメは「話題作や人気の作品」が多いため、小学生でも楽しめるアニメが充実していると思います!
アニメの作品はどちらかというとキッズの向けの小学低学年までのアニメが豊富だと感じましたが、
アニメも随時追加されているようなので、作品数も増えていきそうです!
dTVは音楽ジャンルのコンテンツも豊富なので、ミュージックビデオをみたりしても楽しめそうですね!
年齢判定機能の設定もして、小学生のお子様とぜひ楽しんでくださいね!

-暮らし

© 2021 もあLOG