暮らし

【アイリスオーヤマの靴乾燥機】カラリエ買ってみた!実際に使ってわかったメリットデメリットと感想

2021年5月3日

今まで自然乾燥で靴を乾かしていたけれど、雨で靴が濡れた時や、靴をいつ洗っても早く乾かす事ができるようにしたいと思い、靴乾燥機を購入しました。

アイリスオーヤマの靴乾燥機を選んだ理由と、実際にその靴乾燥機を使ってよかったと感じた点・気になった点をレビューしていこうと思います。

靴乾燥機を購入しようと思った理由

靴 親子
まず、「なぜ靴乾燥を買おうと思ったのか」ですが、靴を乾かす方法はいくつかあるけれど、どれも生活スタイルに合わなかったり、手間だと感じたからです。

子ども達が雨で靴を濡らして帰ってきた時に靴を乾かそうと思った時や、泥などで汚れた靴を洗った時に、いつもその靴の乾かした方が気になっていました。

晴れた日に靴を洗い、干せるのが1番いいのですが、いつもそれができるとは限らないからです。

靴を乾かすのに様々な方法があるのに、どれも合わなかった理由をあげていきますね。

洗濯機

外の道路を歩いた靴を例え洗った後だとしても、顔を拭くタオルなどを洗う洗濯機に入れることが、イメージ的に嫌だと感じたので、洗濯機で乾かした事はありません。

コインランドリー

毎回週末に持ち帰る上靴や、靴をまとめて休日に洗うのならコインランドリーでも良さそうですね。

だけど、雨で濡れた靴を乾かしたい時や、汚れた靴をすぐに洗って乾かしたい時って、子ども達が学校から帰ってきてからなんですよね!

晩御飯の準備や習い事の送迎などがある中、コインランドリーに行き、くつの洗い初めから乾燥までを待つ事に、貴重な時間は使えないなと思ったのです。

ドライヤー

これもなかなか大変な作業ですよね。

乾きかけの靴や外側の一部の汚れをちょっと落とした程度の靴を乾かすならいいのかもしれません。

少しの乾燥なら、なんとか乾かしきる事はできたりします。

でも、これが何足分かあるのなら、当然その分更に時間はかかります。

しかも、ちょこっと洗いで汚れが落ちずに丸洗いした靴をドライヤーで乾かそうとしたならば、時間がいくらあっても足りません。

自然乾燥

靴乾燥を購入する前は自然乾燥をしていました。

濡れた靴は、出来るだけ風通しが良い場所に置いたり工夫はしていましたが、靴を次の日に履きたい!という時は、次の日までに乾くかとても心配でした。

それに乾くのに時間がかかると菌の繁殖もしやすく、匂いも気になってしまいます。

せっかく綺麗に洗ったのに、意味がなくなってしまうと感じていました。

以上の事から、短時間でカラッと靴を乾かす事ができる靴乾燥を買おうと決心したのです。

アイリスオーヤマの靴乾燥機「カラリエ」を選んだ理由

靴乾燥機 自立

靴乾燥を買おうと決めてから色々と探した結果、アイリスオーヤマの靴乾燥機「カラリエ SD-C1-WP」を買うことに決めました。

この靴乾燥機を選んだ理由は①使用方法が簡単②操作が簡単③価格が安かったからです。

①靴は置いたままで、ジャバラのホースを伸ばしてそれを靴に差し込むだけという使い方が簡単なところがいいと感じました。
②下記にも書いてるように、乾燥モードやタイマーを設定するのにそれぞれのボタンを押すことで切り替わるので難しい操作は必要ないし、ボタンの表示箇所もシンプルでみやすくていいと思いました。
③靴乾燥機の価格帯がおよそ3000円〜6000円の中、約3000円で購入することができるからです。

靴乾燥機(カラリエ SD-C1-WP)の製品仕様


・使用方法
ジャバラホースを伸ばして、ノズルを靴に差し込んで使います。

・サイズ
幅約13.7cm×奥行約10.1cm×高さ約28.9cm

・重量
約750g

・乾燥モード
<使い方>3つの乾燥モードがあり、「モード」のボタンを押して切り替わるので、好みのモードを選ぶことができます。

標準モード 約50℃の温風 スニーカーに適している
革靴モード 約40℃の温風 革靴に適している
低騒音モード 約50℃の温風 静かな音で乾燥させたい時に適している

・タイマー
<使い方>4つの中から時間を選ぶことができます。「タイマー」のボタンを押すことで切り替わり、選ぶことができます。
30・60・120・180分

アイリスオーヤマの靴乾燥機「カラリエ」を使った感想

靴乾燥機を実際に使ってみて良いと感じた点と気になった点を、それぞれ3点ずつまとめてみました。

良いと感じた点

乾燥だけでなく、消臭効果も抜群!

濡れた靴を乾かしたくて購入したのですが、靴乾燥だけでなく、靴の消臭効果も抜群で、今や毎日靴乾燥機を愛用しているほどに!

子どもはとても新陳代謝がいいので、靴がムレて靴が臭くなりやすいのですが、靴を使用後に30分程乾燥させる事で、ジメッとした靴内がカラッと乾き、匂いも気にならなくなります。

濡れた靴も問題なくカラッと乾くので、毎日気持ちよく靴を履く事ができます!

靴2足
また、ノズルの先にくぼみがあるので、2足を同時に乾かす事ができます。

使い方は、ジャバラのホースの先端のノズルのくぼみを両足を揃えて置いた靴の真ん中に差し込むだけです。

一気に2人分の靴を乾かす事ができると、靴の入れ替えをしなくていいのでラクです。

洗った後の靴を乾かしたい時など、しっかり乾燥させたい時には一足ずつ、ムレた靴を乾燥させたい時には2足まとめて乾燥させたりと、状況に合わせて使い分けています。

タイマーがついている

時間を設定すると、設定した時間で靴乾燥をしてくれます。

時間は30分・60分・120分・180分の4つの時間から選ぶ事ができます。

乾燥が終わると「ピーピーピー」となってお知らせしてくれた後に自動で電源が切れます。

なので、ずっと乾燥しっぱなしという事がないので安心です。

我が家は、消臭の時は30分、乾燥の時は120分を目安に使っています。180分は使った事がないです。

軽くてコンパクト

靴乾燥機を使うのに玄関にドーンと存在感があるのは嫌だなと思っていたので、軽くてコンパクトなのは本当に助かります!

靴乾燥機

厚さが10cmとコンパクトで、隙間にサッと立てたまま収納できるところが気にいってます。

また約780gと軽いので持ち運びもラクでいいです。

りんご一個が300gくらいなので、りんご2個半の重さです!(某キャラクターがリンゴ3個分の重さなので、それよりも軽いですね!)

気になった点

伸ばしたジャバラホースを収納するのが少し面倒

ジャバラ式になっているホースを縮めたい時はぐっと本体に向かってノズルを押さえ込む形で収納します。

ジャバラホース

ホースの先端のノズルの向きを合わせたり、収納時にジャバラ部分がくねっとなってしまうところが少し面倒だなと感じます。

ホースの収納に、力やテクニックが必要なわけではないのですが、もうちょっとシュッとスムーズに収納ができたらいいのになと感じます。

靴を乾燥中の音

靴を乾燥中の音が思ったより大きいです!

例えると、ドライヤーの中くらいの風量音くらいかな?最近では静かな物も多いので、例えるのが難しいですが。

乾燥中はずっとブーンとなり続けている状態になります。

玄関で靴を乾燥させているので、そのそばにずっといるわけではない為、うるさくて困るという事はないのですが、夜の9時くらいに靴乾燥機を使用する時には一応「低騒音」に設定しています。

設定方法はモードのボタンを押して切り替えるだけなので、簡単です。

通常モードに比べて3分の1くらいの音量減になります。

玄関のコンセントの有無

これは購入する時点で確認すべきことでしたが、靴乾燥は電気を使う製品なので、使うのにコンセントが必要になります。

「玄関のコンセントってどこにあったっけ?そもそもコンセント自体あったっけ?」と玄関のコンセントを確認したら、ちょうど使いやすい位置にコンセントがありました。

でも、靴乾燥自体が軽くコンパクトで移動もラクラクできるので、玄関にコンセントがなかったとしても、その点は心配しなくても良さそうです。

まとめ

アイリスオーヤマの靴乾燥機は、毎日欠かさず使うほど気に入るものとなりました。

靴の乾燥だけでなく、靴の消臭までしてくれるのは嬉しいですね!

雨の日だけでなく意外に汗でムレてしまう靴内も、カラッと快適に履けます。

濡れた靴を早く乾かしたい!靴のムレと匂いが気になる方はぜひ使って欲しい商品です。

-暮らし

© 2021 もあLOG