パソコンケース

暮らし

すみっコパソコンのケースが200円で作れる!ダイソー商品を使った本格ケースの作り方ご紹介

2021年4月23日

子供から大人まで大人気のキャラクター「すみっコぐらし」のおもちゃパソコン。

そのすみっコぐらしのパソコンの専用ケースは、どこを探しても売ってないんですよね。

それなら作ってしまおうと思い、すみっコパソコンのケースを作成しました!

それが、なんとダイソーの商品2つで作れてしまうんです。

たったの200円でまるで専用ケース?と勘違いしてしまうくらいの本格ケースの作り方をご紹介したいと思います!

お裁縫が苦手な方でも、針を使って直線に縫うことができれば、簡単に誰でも作れちゃいます!

すみっコパソコンのケースを探してる方は、こちらの記事を参考にパソコンケースを作ってみませんか?

すみっコぐらしパソコンのケースについて

水色のケース

100均の商品2点でこのようなケースを作ることができます。

すみっコぐらしパソコンに合わせて、すみっコぐらしのキャラクター柄です。

もちろん、この布も100均商品です。まるで専用のケースとして売られている商品みたいに見えませんか?

そして、この写真を見てファスナーもついてるし、こんなの作れないよと思われた方、安心してください!

針を使って直線に縫うことができれば、誰でも作れちゃいます!作り方も、難しくありません。家庭科の勉強をしている小学生でも作れてしまうくらいに簡単です。

こちらの記事では、先に販売された水色の「すみっコぐらしパソコン」を入れてますが、その後に発売された「すみっコぐらしパソコン+(プラス)」にも使えます。

実は、後に発売されたすみっコぐらしパソコン+は、ソフトの内容は同じで、カラーと付属品が違うだけの商品になります。
なので、両方のパソコン共にピッタリのサイズで収納する事ができます。

すみっコぐらしパソコンのケースを作るのに必要な材料

ケースを作るのに使うものはこちらです。

・クッションケース(ダイソー商品)

・はぎれ布(ダイソー商品)

・糸と針

・はさみ

・ミシン(なくても大丈夫です)

・コロコロやガムテープ


クリケースと布
ダイソーで揃えた商品が、こちらの2点です。

(左)ファッションケースA4サイズ

このケースがすみっコぐらしパソコンにちょうどいい大きさで、厚みがあるケースなので、クッションが衝撃を吸収してくれたり、傷を防いでくれそうです。

もちろんこのままでも使えるのですが、せっかくなので可愛くアレンジします。

(右)すみっコぐらし はぎれ(ボアプリント)

こちらのはぎれは、水色とピンクの2色あるようですが、ピンクは売り切れとなっていました。

ボア素材で作ることで、縫った後の縫い目が分かりづらくなるところと、伸縮性があるのできっちりとサイズを測らなくてよくなるところが、お裁縫が苦手な方には嬉しいですね。

ただ作る際にはボアの繊維がぼろぼろになってしまうので、コロコロまたはガムテープなどを用意しておくことをオススメします。

ミシン

手で縫う箇所があるので糸と針は必須ですが、ミシンはなくても大丈夫です。

ミシンがある方は、少し時短で作ることができるので、作り方をみてミシンを使うかどうか決められてくださいね!

すみっコぐらしパソコンのケースの作り方

  1. クッションケースのフックを切る
  2. 布の表の面を合わせて二つ折りにする
  3. 両端の2箇所を縫う
  4. 両端の余分な箇所を切る
  5. 布をひっくり返して、クッションケースを布に入れ込む
  6. 布の端を内側に折り込む
  7. 折り込んだところを縫う
  8. 完成!

では、画像を使って詳しく説明していきますね。

①クッションケースのフックを切る

黒のクッションケース
このクッションケースの上のフックをはさみで切ります。

フックを切る

切るときにケースも切れてしまわないように注意してくださいね

②布の表面を合わせて二つ折りにする

生地の裏面
布を半分に折ります。

その際に表の面同士を合わせるようにします。

なので、裏面が見える状態になります。

③両端の2箇所を縫う

縫う箇所
先程の布の上にクッションケースを置きます。

そのクッションの左右の両端の5mm外側に線を引きます。

線を引いた箇所を端から端までを縫います。画像でいうと、赤い線の箇所です。

ここでミシンがある方はミシンを使うと時短になります。

クッションより5mm大きく縫うことで、ピシッと綺麗に仕上がります。

④両端の余分な箇所を切る

布の両端を切る
③で縫った箇所から1〜1.5cm外側の余分な箇所を切ります。

切る箇所は縫ったところを目安にフリーハンドで切っても大丈夫です。

布が柔らかいので切るときはお気をつけ下さいね!

⑤布をひっくり返して、クッションケースを布に入れ込む

布の表面
布の表の面と裏面が入れ替わるように、くるっとひっくり返します。

クッションケースを入れる
ひっくり返したら、その中にクッションケースをいれこみます。

⑥布の端を内側に折り込む

布を折り込む
布の端を内側に折り込みます。

布を折り込む
ファスナーとケースの縫い目の境目に合わせて折り込んでいきます。

まち針を刺す
折り込んだら、まち針でずれないように固定します。


布のずれ
このように布がずれていないかよく確認して下さいね


縫い目
両端の縫い目がファスナーの縫い目に一直線になるようにします。

⑦折り込んだところを縫う

まず、縫いやすいように、クッションケースのファスナーを開けたら縫っていきましょう!
ケースと針
ケースの内側から針をさして、赤い丸のところから針を抜きます。

針の位置
出てきた針を次はファスナーとケースの境目の緑の丸の箇所に針をさします。

縫い目の位置
これを繰り返して縫っていくようになります。

赤い丸が針を引き抜く箇所で、緑が針をさす箇所です。

ファスナーケースの内側にある針を赤丸1から引き抜く→ファスナーケースの外側に引き抜いた針を緑丸2にさす→針を赤丸3から引き抜く→引き抜いたら緑丸4にさす。

それを繰り返して、ファスナーの周りを一周縫い終えたら、完成です!

完成!

パソコンケースと定規
ケースの大きさはすみっコぐらしパソコンより一回り大きいサイズとなります。

ケースにピッタリ
ピッタリのサイズだけど、パソコンの出し入れはスムーズにできます。

パソコンケースに入れた状態
すみっコパソコンを収納した状態です。

枕みたいですね!

まとめ

ダイソーの商品2点を使ってこんなに可愛らしいすみっコぐらしパソコンのケースが作れちゃいます。

おうちにミシンがなくても、お裁縫が得意ではなくても、なみ縫いができたら作ることができるので、ぜひ作ってみて下さい!

-暮らし

© 2021 もあLOG